スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後10日目♪

今日は主治医の先生から手術の内容とこれからの流れの説明を聞きに伺いました。

特に太陽の患部に腫れや出血が見られないのなら人だけでいいとのこと。

レントゲンフィルムはもちろんのこと、手術中のビデオ、関節鏡のビデオ等を見せて頂きながらの説明は素人の私にもわかりやすく、反面、次々と目に飛び込んでくるリアルな映像にちょっと酔いそうな感じもしました。

前十字靭帯断裂の診断(関節鏡)や手術はここ7,8年で飛躍的に進歩したそうです。

怪我をしたことは本当に不運ではあるけれど、良い先生やスタッフに恵まれたことにあらためて感謝しました。



実は手術前の血液検査でCRPという炎症の値が異常に高かったため、手術当日先生より電話をいただきました。

”体のどこかに腫瘍等が潜んでいる場合、こういう異常に高い数値が出ることがあります”と言われ、手術というだけで当日の私の動揺は相当なものだったのに、追い討ちをかけるようなお話に脚の震えが止まらなかったのを覚えています。


急遽、全身のレントゲンを撮って下さったとのこと。

そして、どこにも腫瘍らしきものが見当たらないこと。

CRP以外の血液検査の結果はすべて異常なしだったこと。


手術前の話から順を追って聞いて、ついこの間なのに、ずっと前のような気がしたり・・・・

あと数日で抜糸、そのときにエリカラはようやく外せるようです・・・

新品のエリカラを着けて帰宅したのに、今ではアスファルトの臭いをとるので(音がまた凄いのです!)フチはガタガタ、スコップのように泥をもすくい上げ、割れた部分数箇所ははガムテープで補強、部屋のクロスまでも破れるし、同居犬は怖がって逃げ惑う始末・・・

恐るべし、エリカラだ・・・・

この話に先生も爆笑でした・・・


私のしてやれることはほんのわずかなことだけだけど、良くなることを信じてケアしています。


e1242.jpg


また一緒に思い切り走りたいよ・・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。