スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査の結果

土曜日に受けたレントゲン検査と歩行チェックの件で主治医から電話をいただきました。

レントゲンを見たところ、かなりしっかりと埋め込んだチタンに肉が巻きついているということで9割がた良いとのこと。

ビデオ撮影していただいた歩行チェックに関しては、私が気になっていた何歩かに1回スキップするように脚を上げるしぐさはこの時期にまだ見られて普通だということでした。

手術した方の脚にちゃんと体重をかけて歩いているし、”とてもいいと思いますよぉ~”とのこと。

総合して、経過は順調だそう!!


e1686.jpg


太陽の場合、十字靭帯だけでなく半月板のダメージも大きく一部切除しなければならなくて、先生のお話では当初”重症”だと言われていました。

おまけに炎症も重度だったし・・・

合併症が起こらなくて本当に良かった・・・


「あの状態から6週間でここまでの回復はすごいですよ!」と言っていただいて、嬉しくて泣きそうになりながら何度も何度もお礼を言いました。

最終的に3週間後にもう1回レントゲンを撮るようです。


私と太陽はこれからもずっとこの脚と共に生きなくてはなりません。

出来る限りのサポートをしていきながら、太陽の犬生を充実したものにしてやりたいと思っています。


心配してメールを下さった方、電話で励ましてくれた方、一緒に泣いてくれたアジ友、先生初め病院のスタッフの方がた、そして家族・・・

みなさんにありがとうと言いたいです。


なにより、よく頑張ってくれたね、太陽・・・

でもここで終わりじゃないよ、ここからまた次のステップだからね。

また走り回れる日が来るまで、ずっと一緒に頑張っていこう!!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。