スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマルコミュニケーション♪アリス♪

アリスは2006年8月に腸閉塞のため急死・・・・5歳半でした・・・・

病院に連れて行き、手術の手配も済ませたのですが、詰まっている異物が肛門近くにまで来ていたため獣医さんの判断であと少しだけ様子を見ることになり入院させました。

わずか数時間後に容態は急変し、けいれん、吐血・・・・内臓破裂でした。

元気になって帰ってくると信じていたのに・・・・

どうしてもっと強引に手術をお願いしなかったのか、どんなに怖い思いで死んでいったのだろうか、と後悔でいっぱいでした。



 我が家で過ごした5年半は幸せでしたか?
 急病で死なせてしまい助けてやれなかったことを謝りたい(怒っていませんか?)

質問はこの2点

コミュニケーターさんからの呼びかけにアリスは黄色い幸せオーラに包まれてすぐに出てきてくれたようです。

もうすでにこの時点で、お話が始まった直後から私の涙は止まりません・・・

アリスの笑顔は最高だ♪

我が家で過ごした時間はとても幸せだったようです。

たくさん行ってくれる1対1での散歩はとても嬉しかったんだとか。

泳ぎに行ったこと、マリたんのこと、後頭部をなでられるのが大好きだったこと、たくさん思いを伝えてくれました。

そして、「急にいなくなってごめんね・・・」って・・・・

私のことが心配で心配で戻ろうかと思ったって・・・・

今は草原が広がり、青い空が広がるところで地面から空までを自由に駆け回っているようです。

そして時々は我が家にも帰ってきてくれているようで、テレビの横が定位置のようです。

実はテレビ台の中にアリスのお骨を置いてあるので、この話には驚きました。

それからまだ生まれ変わってはいないようで、今度生まれ変わっても我が家の子になって欲しいと伝えてもらいました。


コミュニケーターさんの話では、イメージ映像もカラーが多くて伝わりやすかったとのこと。

終わったらさっさと走って帰って行った(らしい)アクセルと違い、見送ってくれたんだって・・・・


アリスを失って8年・・・・

いまだに会いたくて、抱きしめたくて、苦しくて、そして後悔ばかりの日々でした・・・・

辛いことがあってもアリスを失ったことに比べるとどんなことでも乗り越えることが出来た・・・・

アニマルコミュニケーションを信じる信じないはそれぞれだと思いますが、誰も知らないことを伝えてくれたり、驚きがいっぱいでした。

毎年夏が来ると気持ちが重かった・・・・

セミの声が聞こえると亡くなったあの日が思い出されて辛かった・・・

でも、もう大丈夫!!!

ようやく気持ちがラクになれました・・・・

亡くなったことを悔いる日々から、また巡り合える日を楽しみ待とうという前向きな気持ちになれました。

やっと穏やかな気持ちで命日が迎えられそうです。

明日は8回目の命日・・・・

新たな一歩を踏み出す日にしようと思います・・・・・



【拍手コメント、ありがとうございます。しっかり読ませて頂いています、これからも見守っててもらえたら嬉しいです♪】

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。